税理士選びの3つのポイント【税理士に求めるものとは?】


税理士さんを頼むときに「何を基準に選ぶべきか?」で悩んでいる方が多いようです。

税理士選びの3つのポイント【税理士に求めるものとは?】

税理士選びのポイントは大きく分けて3つです。

税理士選びのポイント1:税理士さんに「何をもとめるか」はっきりさせる

税理士選びと聞くと税理士さんの対応などを思い浮かべたかもしれませんが、まずは自分が税理士に何を求めるかを決めましょう。

自分の価値観と合わない税理士さんを選んでもストレスになってしまいます。

税理士さんもお客様のニーズがわからないまま業務をおこなっていても、時間だけが過ぎてしまいます。

(税理士選びの基準の具体例)

個人事業主の方や法人の経営者の方が税理士さんを選ぶ際の基準は次のようなものがあります。

・経理代行(記帳代行)を中心に選ぶ

→経理代行だけを税理士さんに頼んで料金を抑える

・確定申告や法人税申告の作成を中心に選ぶ

→確定申告や法人税申告時期だけの年一申告を頼む

・節税対策のアドバイスを中心に選ぶ

→税務顧問として節税対策を含めて毎月契約を頼む

・経営相談や情報を中心に選ぶ

→税務顧問と併せてコンサルティングも頼む

税理士選びのポイント2:自社で経理をするかどうかで選ぶ

税理士選びをする際に、自社の経理状況を中心に選ぶことも重要です。

自社で経理をする場合には、経理の効率化をアドバイスしてくれる税理士さんが向いています。

自社で経理が難しい場合には、経理代行をおこなってくれる税理士さんが向いています。

個人事業主として開業したばかりや会社設立後間もない法人の場合には、最初は税理士さんに経理を任せる方が流れができやすくなります。

税理士さんに経理の流れを作ってもらってから自社で経理をおこなうという方が効率的に業務がおこなえます。

税理士さん選びは自社の経理状況と将来的な経理体制も一つの判断材料になります。

税理士選びのポイント3:話しやすいかどうかで選ぶ

経理代行中心や確定申告や法人税申告だけの依頼の場合、郵送やネットでやりとりを完結させる税理士さんもおります。

郵送やインターネットでのやりとりだけとすることで、低料金化を進めている税理士さんもいらっしゃいます。

この場合には、話しやすい税理士さんでなくとも問題がないことがあります。

税理士さんを一番活用できる場面は節税対策や経営相談などです。

税理士さんを上手に活用する場合には、コミュニケーションが重要になります。

税理士さんは経理代行や確定申告や法人税申告だけを頼んでいたのではもったいないのです。

千葉税理士事務所が目指す税理士事務所とは

個人事業主の方や会社設立で法人経営を始めたての方も節税に強い税理士さんを探しているかもしれません。

節税対策を強く謳っている税理士さんもたくさんいらっしゃいます。

ただし、私たちは「お客様が儲かることが一番重要」と考えています。

個人事業主にとっても法人にとっても一番重要なことは「お金が残ること」と考えているからです。

いくら節税をしても手元にお金がなければ会社は倒産してしまいます。

逆に納税をしてもお金が残っていれば会社は潰れません。

むしろ銀行融資で運転資金を増強して会社をより成長させることも可能です。

会社にとっても社長個人にとっても「お金がないこと」が一番問題なのです。

利益が出る場合には節税対策もおこないますが、一番重要なことは会社が儲かってお金が増えることだと考えている税理士事務所です。

わたしたち千葉税理士事務所と一緒にビジネスを頑張りませんか?

経理や税務申告だけを税理士に頼むのではなく、ビジネスの情報交換をしていきませんか?

私たちはビジネスを大きくしていく経営者を応援しております。

利益を上げて会社を大きくしたい経営者様からのご相談をお待ちしております。

ご相談電話番号 0120-889-459

PAGE TOP