税理士に「聞きたいことが聞けない」ままにしていませんか?

法人経営者の方からの「よくわからない」がスタート
経営者に情報を提供することで
しっかり判断してもらいたいのです

法人を設立するといよいよ経営が本格化します。
個人事業では支給できなかった「退職金」の支給もできるようになったのです。
生命保険を活用した保障と税金対策も行えるようになりました。
本業の経営ということだけではなく、節税を含めた税金対策も本格的に行っていくことになります。
家族経営から成長して従業員を増やし店舗や事業所を増やしていくことも十分可能になります。
経済活動を活発化することによって、経営者にたくさんビジネスに関する情報も入ってきます。
経営者同士の税金情報も入ってきます。
それゆえ選択肢が個人事業に比べて格段に増えてきます。
そこで重要なことは相性の合う税理士さんとのお付き合いなのです!

聞きたいことを「しっかりと聞けていますか?」
何を聞いてよいかがわからないことはありませんか?

「わからないこと」を聞けないままにしていませんか?
疑問に思っていることをしっかりと聞いていない経営者は案外多いのです。
税理士さんに聞きたいことを聞いても「怒られるから聞けない」という社長もいらっしゃいます。
これではダメなんです。
法人経営は個人事業の時以上に税金に関する知識もつけなければ納得のいく税金対策もできないのです。
税理士さんは社長の代わりに会社経営をしてくれないのです。
1年1年は小さなことでも退職時までに思いもよらない歪みを生みます。
社長に情報を届けることが税理士の仕事です。
しっかりと小さなことでも聞けるビジネスパートナーを創ることが法人経営者にとって一番重要なのです。

「何を聞いたらいいのかわからない」という社長もいらっしゃいます。
毎月の訪問時に税理士さんとお話をしていますか?
ただ帳簿をチェックしておしまいではもったいないのです。
セミナーなどへ参加して勉強することも有効です。
しかし改まって税金の話をしなくても毎月税理士さんから情報をもらえる機会が顧問なのです。
月次訪問の際に世間話をしながら経営や税金のミニ情報を少しずつもらっていきましょう。
税金は勉強するものではなく、なんとなくわかれば十分です。
その積み重ねが税金の考え方や経営的な情報のヒントになってきます。
気軽に情報交換できるビジネスパートナーという目線で税理士さんを選ぶことが重要です。
毎月コミュニケーションをとって情報をしっかりともらいましょう。

ビジネスを成功させたい経営者は
しっかりと利益を出しましょう!

法人を設立すると「ものすごい節税ができる」と思っている社長がいらっしゃいます。
法人の方が個人事業よりも節税対策の選択肢は増えます。
しかし、納税を全くしないということは不可能です。
法人を設立したからには、しっかりと稼いで利益を出していくことが一番重要です。
利益を出して納税をしておかなければ、銀行融資を受けることもできないのです。
銀行融資を上手に使っていくことで事業を短期間で成長させられるのです。
しっかりと税金対策をしつつ、適切な利益を出すことをしていきましょう。

ご安心ください。
わたしたちがサポートします!

わたしたちはお客様への情報提供に力を入れております。
税務情報も日々ご提供させていただくことにより、会社に力をつけていきます。
社長の知識が増えれば増えるほど常に自分で判断ができるようになってくるためです。
税理士事務所が知識をしっかりと伝えていかなければ、いつまでも税理士事務所に頼り続けなければならない会社になってしまいます。
会社が強くなって利益を出すことのお手伝いをすることが千葉税理士事務所の仕事なのです。

PAGE TOP