個人事業こそスタートダッシュが重要です!

起業後3年間は特に重要な時間!

起業した意味は「しっかりと稼ぐため」ではないのでしょうか?
「個人事業のうちは自分で確定申告をしていれば大丈夫」と思ってしまいがちです。
しかし、これは「開業後3年間」の収益が上がる時間と作業に費やす時間を引き換えにすることになります。
あまりにも失うものが大きいのです。
これは今までたくさんのお客様の起業支援で感じたことです。
最初の成長できる時間はとても大切なのです。

今は成長するために時間を使うべき
なぜなら・・・時間は戻ってきません。

千葉は自分自身「のれんわけ」などなく顧客数0件から事業をスタートしました。
起業の苦労を痛感した経験から、「起業支援」に力を入れてきました。
たくさんの起業支援と自分の経験から、起業に重要なことを学びました。
それは個人事業を始めたとき、最初の3年間は事業拡大に集中すること非常に重要ということです。
事業を始めて「こんなもんだろう」と思ってしまうことで成長は止まります。
リスクを取って事業を始めたのはサラリーマンよりも悪い状況になるためではないはずです。
サラリーマンのままでは経験できないビジネス情報を手に入れることができるのです。
さあ、事業拡大に集中していきましょう。

周りの個人事業の人は「税理士を頼んでいない」と聞くかもしれません。
個人事業で税理士をビジネスパートナーにしている人はコッソリ成長していっているのです。
人がやらないことをやらなければ差がつきません。
税理士は確定申告や経理代行だけではないのです。
特に千葉税理士事務所は、税理士は経理や確定申告だけではもったいないと思っています。
一緒にビジネスについて話したり、情報交換できることが一番のメリットなのです。
1カ月で少しづつの差でも、3年でどれほどの差がつくか想像してみましょう。
気が付く人と気が付かない人の差が結果にも表れます。

昔よりも経営が難しい時代
だから今まで通りではダメな理由

今はバブル期のように右肩上がりに売上がバンバンが上がる時代ではありません。
景気が良ければよほどのことがなければ、どんな経営者でも業績が上がっていきます。
今は頑張っても売上がなかなか上がらない時代なのです。
さらに、利益も出しにくい状況が進んでいます。
最低賃金も上がり社会保険料も高くなっています。
同じことをしていたのでは人件費で利益は無くなります。
利益がなくなれば銀行融資も受けられません。
成長し続けなければ利益を出す体質への設備投資もできなくなるのです。
気が付かないまま事業をしていたのでは手遅れになります。
昔以上にビジネスの情報が大切な時代に入っています。
思っているほど時間はないのです。

ご安心ください。
わたしたちがサポートします!

千葉税理士事務所はビジネスを応援する税理士事務所です。
かといって難しい専門用語をつかって税金の説明をしたりものすごい経営分析をするということはありません。
わかりにくければ意味がありません。
大きな会社が使うような経営分析をしても一般的な会社にとっては役に立たないからです。
少しでも経営者が実践で使える情報を提供していくよう努めております。
お客様が効率的に経理・税務の知識が手に入るように徹底サポートさせていただきます。
お客様が儲けるために時間を最大限使うことができるように個人顧問をご提供しております。

PAGE TOP